函館市 函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第七編 産業 第二章 林業 第一節 郷土の森林 造林功労 

茅部臼尻村大字臼尻
  弘化元年五月生る。明治十五年頃より約二十年間臼尻村戸長に就職し其間に於て村公有林の造林を計畫実行し、尚ほ村民に対しても寢食を忘れて熱心植樹の必要を説き、指導奨励せり。
  同村の今日造林上良成績を挙けつゝあるは本人の盡瘁與って力あり。但し身公職に在りしを以て自己の經営に係る造林地は五反歩三千本に過きす。