函館市 函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第七編 産業 第二章 林業 第一節 郷土の森林 植林 

現況の北海道の国有林・道有林などのいわゆる公有林のほとんどは官林と呼ばれ、明治一〇年代にはその基礎がつくられたものである。
 
     山林監吏の配置(函館新聞 三〇四号明治一三年二月五日木)
  ○第九号
  山林取締ノ為左ノ各所当庁地理係山林監吏配
  置候條自今林木払下ケヲ願フモノハ別紙手続
  書之通可相心得此旨布達候事
          函館市庁
   明治十三年一月廿七日 開拓大書記官時任為基
   山林監吏配置之位地     取締ノ区域
          亀田 鍛治 神山
         {赤川 石川 桔梗
  亀田郡亀田村  大中山 下湯川 上湯川
          亀尾
 
          戸井 小安 尻岸内
         {椴法華
  茅部郡戸井村  亀田郡ノ内
          志苔 石崎 銭亀沢
          山越内村 長万部
  山越郡山越内村{茅部郡ノ内
          落部村
 
          尾札部 臼尻 熊
         {鹿部  砂原 掛澗
  茅部郡森村   森  尾白内 鷲ノ木
          蛯谷  石倉 宿野辺