函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第八編 交通運輸

第二章 海上運輸

第二節 定期航路

昭和の海運

昭和八年には、以後、一ヵ年更新となった。
 日中戦争が始まると、命令航路は内外ともに拡大された。
 
  一、逓信省命令航路   1、函館樺太線(日本郵船)
              2、函ペトロパプロフスク線(栗林商船)
  二、北海道庁命令航路  1、函館小樽線(藤山海運)
              2、函館択捉線(金森商船)
               イ、函館幌泉線 ロ、函館釧路線 ハ、函館蘂取線
              3、函館千島線(日本郵船)
               イ、函館蘂取線 ロ、函館占守線
              4、函館根室線(島谷汽船)
              5、函館鹿部線(渡島商船)
               ○四月から翌年三月まで年八〇回運航
               函館 尻岸内 古武井 椴法華 尾札部 臼尻 鹿部間を航海
               ○臨時  根田内 古部 木直 川汲に寄港することがある。
  三、函館市命令航路   1、函館北鮮線(島谷汽船)
              2、朝鮮大連北海道線(島谷汽船)
              3、函館三陸線(三陸汽船)
              4、函館下北甲線(橋谷回漕店)
              5、函館下北乙線(奥佐運輸)
  四、樺太庁命令航路   1、大阪真岡線(北日本汽船)
              2、大阪大線(川崎汽船)
              3、伏木敷香線(北日本汽船)
              4、函館安別線(北日本汽船)
              5、函館能登線(北日本汽船)
 
  昭和一一・六・一 函館新聞
  蔭 下海岸室蘭定航船
  鉄船 明星丸  ラジオ備付各船
   尻岸内 女那川 古武井 根田内 磯谷 元椴法華 椴法華 古部 白井川 木直 見日 尾札部 川汲 板木 臼尻 熊 磯谷 室蘭行
    函館市豊川町 函青汽船株式会社
     事務所 電話二三二八番  市外専用電話 二番
     西浜町荷受所  スコット倉庫
     荷受所豊川町  安田倉庫前
 ◇渡島商船出帆広告◇
  〔北海道庁命令航路〕
  渡島丸  毎月三日 六日 九日 一二日 一五日 一八日 二一日 二四日 二七日 晦日
   尻岸内 女那川 古武井 恵山 椴法華 古部 白井川 木直 見日 尾札部 川汲 板木 臼尻 熊 鹿部行
  〔函館奥尻間定期〕
  共栄丸  隔日出帆
   久遠 茶津 釣懸 青苗 瀬棚行
    函館市西浜岸壁 ※ 安達回漕店
            電話二七〇番