函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第六編 漁業

第二章 漁業組合

第二節 漁業法成立へのあゆみ

茅部・山越水産組合

 明治三五年、いよいよ漁業法が施行された。
 さきの漁業組合準則に示された方向を踏襲してはいるが、いまだ漁業権の法的性格などについて曖昧な点が多かった。
 はじめての漁業法に基づく水産組合規則により、茅部・山越二郡をもって明治三五年七月、茅部山越水産組合が創立された。組長には吉田定助(森)が選出された。
 このとき、戸口も増加したことから板木は臼尻より独立して一組合を設立することを両郡水産組合に願い出たのである。
 これまで臼尻は、尾札部村界精進川より熊村界大船川までを同一海区として永年昆布採収ほか漁業権を同一にしてきていた。板木は字界冷水下を境界として分離独立することを提言したのである。
 この年、全道的に漁業海区を適正区画して、漁業者の組織の独立と育成をはかる方針があったので、出願をうけた茅部山越水産組合は板木の願出を認めることとなった。
 ここに茅部山越の二郡は、第一区古部より始まり、板木を加えて長万部まで二〇区をもって水産組合として新しい漁業権によって発足をみたのである。
 
[茅部・山越水産組合]
区   分村  名組 合 員副 組 長検 査 員
茅部山越水産組合第一区古   部   三八山 川 善太郎 
 第二区木   直   九六村 井 庄五郎 
 第三区尾 札 部  一八二飯 田 清次郎 
 第四区川   汲   九九斎 藤 政 治 
 第五区板   木   五四(蛯 谷 金太郎) 
 第六区臼   尻   九一東 出 源 蔵小助川 平次郎
 第七区熊      九二佐々木 福次郎磯 野 太三郎
 第八区鹿   部   六六工 藤 嘉一郎 
 第九区砂   原  一五四平 田 定 吉 
 第十区掛   澗   五三島 田 勇 助 
 第十一区尾 白 内   二六西 川 政 吉 
 第十二区  森   四五吉 田 定 助 
 第十三区鷲 ノ 木   五二磯 谷 長 蔵 
 第十四区蛯   谷   四〇(       ) 
 第十五区石   倉   六九(       ) 
 第十六区落   部  一一六 中 村 喜 作 
 第十七区山 越 内   八四坂 本 菊 松 
 第十八区八   雲   四七厚 谷 久三郎古 沢 与三郎
 第十九区国   縫   二二藤 田 仁 助 
 第二十区長 万 部   二八山 崎 栄 松吉 田 幸 蔵
 合 計 二〇区一、四五四名