函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第六編 漁業

第一章 郷土の漁業

第八節 出稼ぎ

本州への出稼ぎ

 顕著な活動をつづけているのは古部と木直の出稼援護組合である。なかでも古部地区は八〇戸ほどの地域から毎年七、八〇人の出稼者がある。
 昭和三七、八年ごろ、古部町内会の書記小西弥一が、熱心にガリ版刷りのふるさと便りを発行して、出稼先の父や兄に送って喜ばれた。のちに編集・印刷を地元の古部小学校が担当して二〇年、まもなく一〇〇号を数える。

文集「鴎だより」