函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第六編 漁業

第一章 郷土の漁業

第四節 鰮・鰊漁業

鰊漁業

 〓山口で野田追に鰊網たてたのは明治三五年、私の生まれた年からだときいていた。三〇間の角網で商売した。この年は大々漁だったという。大正五年まで経営した。
 三月の末になると胴海船・三半船(保津船と同じような大きな船)で、帆をかけて灘をいった。順風なら木直から野田追まで一日で行く。日和風向が悪いと櫓をおして櫂で漕いで熊か砂崎(砂原)で一したりして、三日もかかって行くこともあった。