函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第六編 漁業

第一章 郷土の漁業

第四節 鰮・鰊漁業

鰊漁業

 追鰊漁は漁場の二割を請負人に納め、残り八割を自己の収入としたので二八取といった。
 天保年間、飢饉のため追場所(神威岬以南)に移住土着する細民(もの)多く、松前藩は、天保一一年には増毛以北にまで鯡漁に出稼ぎすることを許可した。この追鰊の貢納が二八の割であったのでこの名がつけられた。
 明治から大正にかけて、郷土の漁家による追鰊の漁場経営は(順不同)次のように各地に進出していった。
  森  モナシベ漁場  尾札部 〓 中村音次郎
  落部 物岱(ものたい)漁場  〓(やまさんぎ) 能戸
                 〓 内藤
  野田追 沼尻漁場  尾札部  〓 杉谷
                 ㋵ 今津
            木直   〓 山口
                 〓 佐々木
                 〓 汐谷
                 〓 福井
                 二印 佐々木