函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第六編 漁業

第一章 郷土の漁業

第二節 鱈つり漁業

江戸時代の鱈漁

 たらは、魚扁に雪と書いて鱈・タラと読む。冬の雪ふる北の海の魚である。
 体長は一メートル位(三尺五、六寸)
 重さは約一八・七キログラム(五貫目)
 顎下に細髭をさげ、大きな口の魚である。口が大きいので、大口魚とも書いてタラと読ませた。
 東医宝鑑には呑魚と記されている。
 白身の魚肉と大きな鱈子は、古来から北国の人たちの冬の大切な食糧源であった。そして冬の味覚でもあり、鍋料理や干物等に珍重されてきた。本朝食鑑には「鱈は初雪の後に取れる魚ゆえ雪に従う」とある。