函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第六編 漁業

第一章 郷土の漁業

第一節 昆布漁業

大正・昭和初期の昆布採取

 明治のはじめ、二代目徳田和兵衛によって大阪の昆布商船が、川汲浜に来航して買付けしたとある。
 明治の末から大正には函館の海産商の案内で、大阪の昆布商人が昆布時期に浜買いに来た。多く函館からの沿岸の定期船に乗って来村した。
 漁業組合の役員と昆布商人との間での現地入札をし、値決めされ、販売された。(小説「暖簾」参照)