函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第五編 行政

第三章 町村の自治制

第一節 村政―新しい村政から合併まで―

尾札部村杉谷村政

 昭和二二年、公選初代尾札部村長に就任した杉谷梅一は明治三七年、字尾札部(見日)に生まれた。
 磨光小学校高等科を卒業とともに大正八年、尾札部村役場に勤めた。大正から昭和へと同役場に勤務し、昭和九年落部村、昭和一〇年椴法華村、同一四年砂原村に勤務、同一四年尻岸内村助役に就任。昭和二一年食糧営団戸井村事務所に勤務。
 若くしてスポーツ万能で、とくに陸上競技は地元見日青年会を率いて村内外、管内の大会に活躍、「見日青年会あり」と勇名を馳せたという。
 国内のすべてが民主化の気運のなかで、人望を慕われ郷里の知人友人に招かれて戸井村を辞し、初の村長公選に立候補、無競争で当選した。以後二期、三期と対立候補をおさえて三期連続一二年間、戦後の社会制度の変革期のなかで財政難の時代の村政を担当した。
 昭和二九年より臼尻村鈴木村長とともに二か村の合併を促進して南茅部村の誕生をなし遂げる。
  (のち函館に移り、昭和五九年秋、勲六等単光旭日章に叙せられる)