函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第五編 行政

第二章 二級町村制

第一節 二級町村制施行

村役場

 臼尻村のほか一カ村戸長役場は、明治一三年開設当時は、臼尻六〇番地(昭和八年以後、臼尻郵便局)にあった臼尻会所の建物があてられた。
 のち村用事務所と呼ばれ、昭和のはじめまで漁業組合の事務所があった。
 明治二四年、臼尻二九四番地、現臼尻一一九番地(昭和五〇年以後の産業会館のところ)に位置を移し、戸長役場を新築した。明治三九年四月、二級町村制が施行されると臼尻村役場に引き継がれ、昭和八年改築までながく使われた。