函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第五編 行政

第一章 村政のはじめ

第三節 戸長役場

戸長役場設置

 浦役場は戸長役場に置かれた。浦役人は戸長と吏員が兼務した。
 浦役場業務は船舶海事に関する一切の事務をとる役所であった。
   難破船の取扱い
   難破浦証文の発行付与
   船舶の出入の許可
   水産物の検査・売買
 明治一五年「茅部郡役所伺届」に、浦役人の上申書がある。
 
茅部郡役所伺届                       (北海道所蔵)
地第壱号
   浦役人進退之儀上申
 所轄内浦役場設置并浦役人兼務之儀従前開拓使ニ於テ施行ノ振々ニ準拠シ各戸長役場ヲ以テ代用別紙各戸長等ヲシテ本月十六日兼務相達候条此段上申候也
                 郡長心得
                 函館県茅部山越郡  書記 佐藤宗正
  明治十五年三月三十一日
 函館県令 時任為基殿 代理
   函館県大書記官 有竹  裕殿
  茅部郡鷲ノ木蛯谷石倉三ケ村戸長  加 藤 保 身
  茅部臼尻村二ケ村戸長    相 馬 権太郎
  山越郡山越内八雲二ケ村戸長    三 井 計次郎
  山越郡長万部村戸長        松 本 賀 積
  茅部砂原掛澗村二ケ村戸長    青 木 乾兵衛
  茅部郡森宿ノ辺尾白内三ケ村戸長  村 山 儀 助
  茅部尾札部村戸長        飯田与五左衛門
    茅部郡鹿部村戸長         高 橋 松之助
    茅部郡落部村 戸長事務取扱筆生  古 沢 七 郎
  右 之 通