函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第五編 行政

第一章 村政のはじめ

第二節 村用役所

明治の村

 明治二年七月八日、開拓使が設置された。
 同八月一五日「蝦夷地自今北海道ト被称、十一箇国ニ分割、国名郡名等別紙之通仰出候事」と布告(太政官公文録)された。
 蝦夷地の新しい国名郡名を定めるに当たっては、求められて松浦武四郎が七月一七日に意見書を提出している。この松浦・意見書がとりいれられて、千島を徐く現行の国名(支庁名)と郡名が選定され、以来ながく使用(呼称)されるようになった。
  一一カ国  八六郡
   渡島国 七郡  後志国 一七郡  石狩国 九郡  天塩国 六郡  北見国 八郡  胆振国 八郡 日高国 七郡  十勝国 七郡  釧路国 七郡  根室国 五郡  千島国 五郡
 九月三〇日、開拓使出張所が函館に置かれた。