函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 上

第四編 戸口と地名

第一章 戸口と名字

第二節 名字

 東遊記にあるように、漁家は古くからその漁具、漁船に自家を示す印として付けたもので、よく知られる帆船の帆に付した印、いわゆる帆印もこの家印と同系のものである。江戸時代、幕府は大型の船の建造を禁じていた。また、許可を得てもその船の帆に家紋を付すことはできなかったという。大型の廻船などの帆に、いろいろ工夫して付したものが帆印のいろいろである。