函館市/函館市地域史料アーカイブ

椴法華村史

第十二編 災害

第三章 海難事故

第二節 明治以後の海難事故

二 大正時代の海難

 大正七年一月十八日午前九時椴法華村から古部へ向かった磯船は、途中銚子岬で突然の北西の強風により転覆し、乗客四名、函館在住の奈良亀太郎(五十七歳)亀太郎二男要松(二十歳)山田佐助(三十六歳)富樫堅二(二十九歳)及び漕手の椴法華在住鎌田常世(三十歳)増田寅九郎(二十四歳)の六名が全員溺死する。この事故を目撃した村民は直ちに消防団を中心に磯船で遭難現場に向かったが、一人も救助できず、その後の救助捜査活動で、奈良亀太郎、奈良要松・鎌田常世の屍体をやっと発見したが、残り三名の屍体は遂に発見することが出来なかった。