函館市/函館市地域史料アーカイブ

椴法華村史

第十二編 災害

第一章 山津波と土砂流出

第二節 昭和の山津波

二 戦後の山津波と土砂流出

 昭和四十三年八月二十一日、集中豪雨と高浪のため道々椴法華港線路面陥没、矢尻川堤防決壊。
 昭和四十三年八月二十九日、台風十号の影響により二十九日六時すぎ富浦、元村間に土砂くずれ発生附近四世帯に避難命令が出され、更に元村市街八十戸が孤立。

昭和43年8月21日 集中豪雨による元村地区の崖崩れ


昭和43年8月21日 集中豪雨による元村地区の崖崩れ