函館市/函館市地域史料アーカイブ

戸井町史

第十五章 下北半島の景勝地と伝説

第二節 名勝と文化財

 佐井から仏が浦へ行く途中、矢越部落の絶壁の岬に雄矢越岩、雌矢越岩という二つの奇岩が海岸の絶壁に聳(そび)え立っている。この岩は二つとも海抜一〇〇メートル以上ある。この二つの岩を合わせて鍵掛岩又は願掛岩と呼ばれ、天然記念物に指定されている。
 鍵掛岩も国定公園の一部になっており、この岩のあたりは小公園になっている。鍵掛岩は遊覧船で海上から望見するよりも陸行する方がよい。