函館市/函館市地域史料アーカイブ

戸井町史

第十三章 戸井町の文化財

1 仏像
 ①大宣寺本尊仏、阿弥陀如来像
    大宣寺創立の時に京都市内から求めたもので、もと比叡(ひえい)山延暦寺に安置されていたものという。
 ②円空作の観音像
    昔から汐首観音堂に安置されていたものが、昭和四十二年八月、円空仏と判明。寛文六年作と推定。
 ③貞伝作の万体仏
    館町〓堀川家に安置されているものを昭和四十六年発見、この万体仏は享保年間、津軽今別村の本覚寺住職貞伝和尚の作ったもの。下海岸では最初の発見と思われる。
 ④ 伝大蓮作木造仏二体
    釈迦如来像と地蔵菩薩像で法泉寺に安置されている。住職の語るところによると檀家が寄進したものという。
2 仏具
  大鐘鼓(しょうご)
    汐首岬で遭難した船の船主が、汐首観音堂に寄進したものと伝えられ、寺宝として伝承されたものである。正徳五年四月西村和泉守作の刻銘がある。汐首観音堂所蔵
 
以上の文化財については、第三章伝説と逸話の項でくわしく述べた。