函館市/函館市地域史料アーカイブ

戸井町史

第九章 官公庁の沿革

第二節 消防団

 戸井町に消防の組織ができたのは、明治二八年で、戸井組・小安組の二つの消防組がつくられ、明治四〇年、その後つくられた汐首組をあわせて、戸井消防組となり、村内を第一部から第六部までに分け、定員は一八〇名であった。
 昭和一四年、警防団として改組された。
 昭和二二年、消防組織法により、消防団となり、六分団、定員一七五名となった。
 現在、定員一六〇名、六分団である。
 消防組の時代は、組頭一名(現在の団長)、部長各組に一名計六名、部長の下に部長を補佐する小頭が各部に二名ずつおかれた。