函館市/函館市地域史料アーカイブ

戸井町史

第八章 産業

第三節 商業


四、明治三十三年の戸井の小売物価表

○当時は、ビールというものは、サラリーマンの飲むものとされていた。清酒一升五〇銭の時に、札幌ビール一本二七銭で、飲んでもろくに酔わないので、漁民はビールなどは飲まなかったのである。庶民は酒よりも焼酎という時代であった。