函館市/函館市地域史料アーカイブ

戸井町史

第六章 神社、寺院の沿革

第三節 寺院の沿革

 館町の大隆寺は浄土宗の寺院で、函館称名寺の末寺である。その創建の由来は、初代住職になった菊崎隆乗和尚が来村して、字横の伊藤倉次郎宅並に、字浜中の佐々木倉蔵宅に滞在して、法務執行のかたわら布教につとめた。
 年々信徒が増加して百戸以上になったので、明治四十二年(一九〇九)十二月四日、称名寺住職及び信徒と協議の上法務所設置を出願した。
 明治四十三年(一九一〇)四月二十三日、法務所設置の許可を得て、字館鼻四十一番に堂宇を新築し、称名寺戸井法務所と称した。
 爾来毎年鰮の大漁が続き、戸井村が異常に発展し、信徒も増加したので、大正八年(一九一九)十一月十二日、称名寺住職及び信徒と協議し、字戸井の沢一〇七番地に寺院を建築した。
 大正八年(一九一九)十一月二十三日、法開山徹心院大隆寺の寺号公称を許可された。
 
 歴代住職  初 代  菊 崎 隆 乗    二 代  吉 本 正 道
       三代   横 島 儀 導

大隆寺