函館市/函館市地域史料アーカイブ

恵山町史

第5編 交通・通信

第1章 交通

第5節 後松前藩時代の道

 箱館附在々六ケ場所道途絵図は、その名の通り絵図である。これは嘉永6年(1853年)五十嵐義度が記したもので、絵地図のなかに地名、道路・川、集落間の距離が詳細に記録されている。前出の松浦武四郎蝦夷日誌と合わせて読むことにより、当時の郷土の道路状況、あるいは郷土の地理がより理解されると思われる。
 なお、ここに記載する絵図は、萬延元年酉(1860年)9月、中井眞之輔眞成が、凾(ママ)館で写したものである。

[図]


[図]