函館市/函館市地域史料アーカイブ

恵山町史

第4編 産業

第3章 鉱業

第1節 鉱業のあゆみ−硫黄

2、東洋1を誇った古武井硫黄鉱山

元治元年(1864) 旧山の発見
 4月、古武井村の住人、樵夫(ふ)の孫兵衛、左ムサ沢(旧山(きゅうやま))で 鉱床を発見する。伐木のため入山、黒色の岩石を石炭と思い持ち帰り点火し、硫黄である事が分かる。