函館市/函館市地域史料アーカイブ

恵山町史

第4編 産業

第1章 農業

第2節 農業の歩み

3、昭和前期(戦前)の農業

 この期間、役場勧業係は産業振興の施策の一環として、地域に合った農業以外の、あるいは農業と関連した産業を興すべく「椎茸の人工栽培」「竹細工」「鯉の養殖」「兎の飼育」「養蜂」などについて検討・指導している。以下は、昭和11年の町有文書の記録からの抜粋である。
 
 椎茸の人工栽培に対しては「高岱農事実行組合」を指導地に指定し、昭和十一年春埋榾法(まいこつほう)に依り採種を為さしめたり、また、前年に引き続き種兎の購入斡旋を為し養兎副業の振興に資したり。二月七日には、兎毛加工講習会を開催し知識の普及と技術の習得に資したり。亦、二月八日より渡島副業協会主催を以て三か年継続事業として、竹細工講師養成講習会を開催、主として漁業用具並びに家庭必需品の製作技術の習得練磨を計り、各種製品の自給自足を企図し其の成績に於いて異常の成績を示したり。講習修了者二九名、作品二百余点に及び優秀なる成績を収めたり。