函館市/函館市地域史料アーカイブ

恵山町史

第3編 行政

第6章 人口・戸数の推移

◇資料編

(表紙)明治三年  宗門人別帳    尾 白 内 村
(扉)       宗門人別調書上  尾白内村
(本文)一、禅宗高龍寺 印      河 村 松四郎 六十一歳
                    妻  そ の 五十七歳
                    弟  留 蔵 五十四歳
                    忰  又五郎  廿八歳
                    娘  は つ  廿七歳
                   二男  千代松  廿五歳
                    妹  み つ  十三歳
       〆 七人 内 男四人 女三人 *以上 個別記載例
(巻末)禅 宗 廿壱軒 人別 百三拾六人 内男六八拾弐人 女 七拾四人
   浄土宗 拾壱軒 人別  七拾人 内男 三拾八人 女 三拾弐人
   一向宗 拾七軒 人別 百拾七人 内男 五拾八人 女 五拾九人
   惣 〆 四拾九軒 三百弐拾三人 内男百五拾八人 女百六拾五人
 
  村証文之事
 一、例年之通切支丹宗門御改ニ付当村中逸々遂吟味候処不審成者無御座候ニ付乍恐奉上候 以上
    明治午年十月
           尾白内村  百姓代  白内 留蔵  印
                 年 寄  藤田与惣兵衛 印
                 名 主  西川与右衛門 印
  農政御役所
       *「農政御役所」とは、開拓使出張所農政掛のことである。
                     以上 森町史より抜粋掲載