函館市/函館市地域史料アーカイブ

恵山町史

第1編 自然

第4章 恵山をとりまく海洋

第4節 津軽海峡東口は複雑な海洋構造

4、恵山沖の鉛直断面の季節変動

 津軽海峡東口のフロントの詳細な構造を把握し、その変動を調べるために図4−7、8、9、10、11に1、3、6、8、10月の水温(a)、塩分(b)、密度(c)の鉛直断面図を示す。なお(d)については後述する。この図は、恵山から下風呂の間で従来に比べ短い測点間隔(1.0〜1.5マイル)で観測した12点の観測ラインWT−3(観測点No.301〜312)から得たものである。