函館市/函館市地域史料アーカイブ

恵山町史

第1編 自然

第4章 恵山をとりまく海洋

第2節 北日本(北海道周辺)の海洋

3、対馬暖流の流量変化が及ぼす漁業への影響

 対馬暖流は、津軽海峡の西側で、北上流と海峡を抜ける津軽暖流に分かれる。道央中央水産試験場の調査による(図2−24)と、1997(平成9)年10月の北上流は毎秒10万立方メートルで、1988(昭和63)年秋以来では最低の流量だった。一方、津軽海峡は1997(平成9)年12月に毎秒300万立方メートルと最高の流量だった。このため、日本海側の海水温は、ほぼ通年で低かったようだ。観測では、後志支庁余市町にある同水試前の海水温が1、7、12月を除き例年に比べ1、2℃低い状態が続いた。

図2-24