函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 銭亀沢編

第四章 生活と民俗の地域的展開

第三節 銭亀沢の住文化

三 銭亀沢の住宅と住い方

 古川町の東端、石崎町との境は、段丘の崖が海に迫っており、当高田光義家住宅も、道路から一段上がった奥行の狭い宅地に、主屋とそれに接して西側に蔵が建っている。主屋の建築年代は、その形態より一九六〇年代と考えられる。平面を六分割した銭亀型漁村住宅の平面から、土間が消滅して玄関を主屋から突出させ、二階に子ども部屋を作る新しい形式である。集落辺縁部の海岸沿いの立地に建てられた、独立自営昆布漁業兼業雇用漁家の住宅の例である。

[高田光義家住宅]外観


[高田光義家住宅]現状平面図・配置図