函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 銭亀沢編

第四章 生活と民俗の地域的展開

第三節 銭亀沢の住文化

三 銭亀沢の住宅と住い方

 現在、銭亀沢地域の住宅は大正期以降に建てられたのかがほとんどであり、調査した住宅も明治期に遡るものはみいだせなかった。海に面した銭亀沢地区の立地特性からも、住宅はいたみやすく、しばしば建て替えられたのであろう。文献や明治期の写真や銅版画など、住宅の外観のわかる資料をみると、大正期に建て替る以前の住宅は、切妻で屋根勾配のゆるい、板葺石置屋根であったことがわかる。入口の上部に切妻の妻側をみせた小屋根が乗り、その脇のイマ・チャノマの前面にはシトミが二間分建てられ、座敷の前は竪格子という外観が一般的であったようである。資料からは外観のみで、残念ながら内部はわからない。
 大正期にそれまでの石置き板葺屋根(柾葺)からトタン葺に変り、シトミも作られなくなった。それ以降住宅の平面形態はあまり変化しなかったようである。昭和三十年代には出窓と二階建てがつけ加えられた。出窓は、そのデザインから、函館市域の建築物から影響を受けていると思われる。二階建ては土間・台所とイマ・チャノマの上部に乗せられる場合が普通で、多くは子ども部屋であった。
 三十年代後半以降の変化としては、土間が消滅し、土間部分とイマ・チャノマ部分を一体にしたリビングルームが作られ、玄関は主屋の前面に突出して、アルミサッシでサンルームのように囲われる。外壁はサイディングボードなどの新素材が利用され、屋根なども瓦葺に改められるなど、大きくその外観を変えた。子どもの結婚などを契機にしたこの変化は、家族生活の変化にともなうものであり、大量生産された住宅部品の流通がそれを押し進めた。現在では、自営漁家住宅は新たに生産されることはない。地方的な仕様を一部に取り入れてはいるものの、全国的に流通する大量生産商品としての住宅が取って替りつつある。

主屋から突き出した玄関


2階と出窓


現在も建て変わりつつある石崎


図4・3・8 調査住宅分布図


表4・3・2 銭亀沢地区調査住宅一覧表

注)職業は住宅建設時の所有者の職業、屋根・規模・間取は復原による・『函館市史』都市・文化編記載分を含む