函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 銭亀沢編

第一章 歴史的概要とその特性

第二節 銭亀沢および周辺地域の先史遺跡の概観

一 銭亀沢地区と周辺の遺跡立地の傾向

 銭亀沢地区の周辺地区において、遺跡が多く集中する場所は、大きく四つの区域に分離して考えることができそうである。その一つは函館山麓東側で、ここは標高二〇メートルほどの海岸段丘面であり、縄文時代早期から前期初頭、中期末から後期初頭、晩期および続縄文時代の遺跡が点在している。それほど遺跡の数は多くないが、密集度は比較的高いといえる。ただ、この区域においても、銭亀沢地区と同様に、前期後半から中期における集落跡などの痕跡は確認されていない。
 北部の常盤川・石川流域は、標高一〇から三〇メートル程度の河岸段丘面に、縄文時代前期・中期の大集落跡であるサイベ沢遺跡を始めとする遺跡群が存在している。特に中期の円筒式土器の時期は密集度が高いものとみられ、安定した集落が数多く形成されていたことが考えられるが、早期や後期などの時期のものは少数ということができる。これは、海岸線からやや内陸へ入ったこの地域では、早期のように生業とみられる海産物類の獲得に支障があったためなのであろうか。少なくとも前期および中期の時期の集落形成にとっては、適していた場所であったことは疑いない。
 市内中央部を北から南へ流れる亀田川流域では、標高五〇から九〇メートルとやや小高い丘陵上に、縄文時代中期後半を主体とする集落跡がいくつか存在している。また、下流域の底位面には縄文時代早期後半から末頃の遺跡もみられる。この区域の遺跡の立地傾向としては中期が主体とみられ、早期および晩期や続縄文時代のものもいくらか存在しているが、前期や後期の遺跡についてはかなり希薄な状態となっている。

図1・2・1 函館市内の先史時代遺跡分布図


図1・2・2 函館空港遺跡群の分布図

表1・2・2 函館空港遺跡群の分布一覧
遺 跡 主 な 時 期種別・内容備考
函館空港第1地点縄文時代早期・擦文時代遺物包含地昭和42年発掘調査(空港整備)
函館空港第2地点縄文・続縄文~擦文時代遺物包含地昭和43年発掘調査(空港整備)
函館空港第3地点縄文時代遺物包含地昭和43年発掘調査(空港整備)
函館空港第4地点縄文時代前期集 落 跡昭和42 ・ 49年発掘調査(空港整備)
函館空港第5地点縄文時代遺物包含地昭和43年発掘調査(空港整備)
函館空港第6地点縄文時代早期遺物包含地昭和43年発掘調査(空港整備)
函館空港第7地点縄文時代遺物包含地昭和43年発掘調査(空港整備)
函館空港第8地点縄文時代遺物包含地昭和43年発掘調査(空港整備)
函館空港第9地点縄文時代遺物包含地昭和43年発掘調査(空港整備)
函館空港第10地点縄文時代遺物包含地昭和43年発掘調査(空港整備)
中 野 A 遺 跡縄文時代早期~前期集 落 跡昭和50 ・ 51,平成3・4年発掘調査(空港整備)
中 野 B 遺 跡縄文時代早期集 落 跡昭和50,平成4~8年発掘調査(空港整備)
石 倉 貝 塚縄文時代後期・続縄文時代盛土・配石平成6~8年発掘調査(空港整備)
赤 坂 1 遺 跡縄文時代遺物包含地未調査
赤 坂 2 遺 跡縄文時代前期集 落 跡未調査
根 崎 遺 跡縄文時代早期墳墓昭和39年発掘調査(公園造成)

 東部の松倉川と支流の湯の沢川や湯の川流域の段丘面には、縄文時代中期後半から後期、晩期から続縄文時代、さらには擦文(土師)時代にわたる遺跡の分布が知られている。これらの中には、標高八〇メートル程度の台地上に広がる縄文時代中期後半の集落跡、また河岸段丘の縁には中期末から後期初頭頃の貝塚、そして海岸線近くの低位面には、土師式土器の遺跡が存在するなど、色々な要素があり、変化に富んだ傾向を示している。