函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ

第13章 社会・文化諸相の光と影

第2節 マス・メディアと活字文化

2 明治2、30年代の函館の新聞事情

 29年の財部区長退任後、小橋一派も区会を去った(前掲「二十年前の思い出」)。この小橋一派を擁護していた北のめざましの北のめざまし新聞社は、30年10月合資会社の組織を解散し、新たに小橋栄太郎が社長に就任、岡田篤治・津田昌・四ツ柳亀太郎・木下喜久之丞各氏が評議員となった(10月9日付「樽新」)。さらに翌31年7月には題字を「函館日日新聞」と改題、社名も函館日日新聞社とし、以後何度かの改良刷新を加え、徐々に購読者数を増やしていった(前掲『函館案内』)。

「函館日日新聞」社屋


新聞は上磯町教育委員会蔵

 社屋写真は明治35年『函館案内』より