函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ

第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立

第4節 露領漁業の進展

1 樺太漁業とロシア政府の対応

 交換条約の実施により、漁民はすべて出漁を断念して漁場を引払ったが、明治8年9月の「開拓使漁場出稼人名調書」(開公5913)によると、9名の出稼漁民の住所は渡島国福山が2名、函館が3名、能登(石川県)が2名、東京および南部(岩手県)がそれぞれ1名であった。
 露領となってから、一度は出漁を断念した漁民も伊達・栖原を除いて熱心に出漁願を諸官庁へ提出し、ついに明治9年3月の太政官布告第25号「樺太島ニテ従来漁業営ミ居リ候者ハ旧漁場ニ於テ引続キ営業苦シカラズ」により出漁が可能となった。さきの開拓使人名調書にもれていた者も含めて11名の漁民が旧漁場に出漁した。函館が本籍の者、木田長右衛門、相原寅之助、宇野忠次郎、斉藤文右衛門、山口徳蔵の5名、函館に寄留の者、島崎秀吉、橋本六三郎、佐藤和右衛門、長野長十郎、近木吾一、永野弥平の6名である。これら漁民の系譜は、勝山藩・若狭藩関係者、加納藩関係者、松川弁之助一族、北蝦夷地出稼人・樺太用達人にわけられる。出漁者は開拓使函館支庁外事課で航海公証を請い受け、函館税関の積荷検査をへて開港場である函館港を出帆するが、税関の出入港手数料および輸出入物品税はすべて免除されていた。函館港を出帆した船舶は交換条約により日本領事館が設置されているアニワ湾内のコルサコフ港に入港して、日本領事館に立寄り諸届出手続きをした上で漁場許可状の付与を受け、露領となった漁場で明治9年より明治36年までの28年間、漁業を営んだのである(表9-53樺太島出稼漁業一覧表参照)。
 ロシアが日本漁民の出漁にどのように対応したかを、課税および漁場規制方法の態様により、9年から15年までの第1期、16年から30年までの第2期、31年から36年までの第3期にわけてみることにする。
 
 表9-53 樺太島出稼漁業一覧表
年代\事項
漁場主数
漁場数
投網数
積取船数
漁夫
水夫数
漁獲
石数
内訳
金額 円
明治9


10


11


12


13


14


15


16


17


18


19


20


21


22


23


24


25


26


27


28


29


30


31


32


33


34


35


36

13


13


17


17


25


28


22


19


10


6


12


12


12


16


15


17


18


21


20


20


25


36


44


52


38


37


35


30

16


22


22


27


26


30


30


12


12


9


17


24


28


44


41


51


59


64


71


84


116


158


192


222


126


117


107


99

26


30


43


44


51


68


71


71


30


27


34


42


53


66


65


72


83


89


97


111


151


213


234


244


126


不明


不明


不明

25


24


27


42


50


64


67


66


19


19


22


30


33


47


41


47


46


60


86


71


92


124


125


116


84


115


96


120
















46
18

36
31

35
31

13
6

10
9

12
10

18
12

12
21

25
22

21
20

24
23

23
23

27
30
2
41
42
2
47
21
2
54
28
10

105
19

84
38

62
52
8
29
45
8
40
67
7
25
64
10
29
81
530


586


614


944


1,121


1,455


1,580


1,546


475


470


606


919


1,127


1,245


1,318


1,423


1,495


1,572


1,967


2,157


2,787


3,858


4,424


4,346


2,917


3,487


3,704


3,931

3,114


10,696


8,034


18,344


23,967


23,420


34,917


20,433


3,029


6,693


9,581


21,800


23,566


27,804


19,316


11,127


26,308


28,807


31,884


33,992


41,635


59,476


50,510


77,602


57,357


68,670


84,584


113,942

1,448
1,666

1,261
9,435

3,367
4,667

1,973
16,108
不明
20,191
2,930
不明
14,265
8,006
869
21,206
13,201
135
12,842
7,444
不明
132
2,897

不明


不明


不明


10,876
12,690

17,328
10,329
83
4,717
14,133
465
2,379
5,901
2,844
2,517
20,472
3,318
7,024
16,765
4,919
5,915
17,221
8,748
7,620
19,716
6,657
19,392
10,125
12,093
8,520
34,247
16,592
6,336
11,229
32,609
8,380
22,959
45,727
7,719
8,697
40,722
3,089
12,626
52,192
2,224
18,369
61,564
2,566
16,906
90,252
20,784


52,424


46,886


117,467


199,015


207,590


300,898


85,006


12,115


30,119


42,158


122,078


134,125


188,569


105,528


65,995


150,086


182,495


241,744


330,070


584,618


797,745


689,133


1,097,333


796,185


808,930


846,139


1,192,404


 注1、「コルサコフ領事館報告」より作成
  2、9年の漁場主数が本文の数字と一致しないのは、この統計表の漁場主数には代理人の人数が含まれているからであろう
  3、積取船の欄の左の数字は合計、右は内訳で、上段より日本形、西洋形、汽船の順である、内訳と合計が一致しない年次は、川崎船の使用があったことを表わす
  4、漁獲内訳は、上段より鮭、鱒、鰊締粕の順である.