函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ

第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立

第2節 諸工業の発展

2 その他の諸工業の動向

生産財工業

 35年頃の建築用材の需要を北海道産および他県産移入額でみると、約27万円であるが、区内では10人以上の職工使用の製材業者は、38年では、大村挽材工場と挽材工場の2軒で、その価額は5万1400円であった。