函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ

第9章 産業基盤の整備と漁業基地の確立

第2節 諸工業の発展

1 函館船渠会社の成立

 船渠会社は毎年6月、12月の終わりに諸勘定を決算し、事業報告書(以下では報告書と略す)等を作成して株主総会に提出しているので、この報告書(但し明治37年下期、38年上期を欠く)に基づき、創業時の経営を総括したのが表9-19・20・21である。これにより年次別に経営状況をみよう。
 
表9-19 処務要項
年 次
株式総会
株主数
役員 支配人・技師長 官庁 銀行 庶務・会計
払込資本額
配当率
明治29
 
205
取締役社長に園田実徳
取締役理事に阿部興人就任
監督技師に逵村容吉を雇聘     本社事務所を大町5番地に
出張所を東京市京橋区三十間堀におく
  30
第1回

第2回
205

266
  隔山利四郎支配人に就任 会社営業登記    
300,000

300,000


5.0
  31
第3回

第4回
268

273


専務取締役に平田文右衛門
就任、社長空席
  船渠及び造船所予定地
水面引渡願許可
取引銀行は百十三銀行
及び函館銀行
東京出張所では第一銀行、
帝国商業銀行
 
300,000

420,000
5.0

3.7
  32
第5回

第6回
270

275
本社弁天町1番地、旧砲台
地先埋立地に移転
420,000

600,000
5.0

3.6
  33
第7回

第8回
270

268
    修船台用地に使用の公有
水面使用願許可
   
718,975

838,450


  34
第9回

第10回
282

285

平田文右衛門専務取締役
辞任、死亡
園田実徳専務取締役に就任


大村励支配人に就任
修船台工事竣工落成届提出
会社前公有水面使用許可
敷地埋立部分成工許可
   
951,925

959,550
3.0

3.0
  35
第11回

第12回
300

306
    敷地土地台帳に登録
構内に巡査2名配置許可
海軍工務監石黒五十二工事視察
敷地を抵当として、勧業銀行より8万円借入
安田銀行より工事費に充用のため60万円借入
会社所在地番地変更、弁天町88番地となる
諸勘定科目より修船台及び工事仮出金に振替整理
1,159,430

1,195,050



  36
第13回

第14回
320

332
取締役渋沢栄一辞任
監査役田中市太郎辞任
取締役に浅田正文、岡本忠蔵、監査役に田中太七郎、松下熊槌就任


技師品川久太郎技師長に昇格
船渠排水ポソプ落成
普察署検査
建物保存登記終わる
安田銀行のため抵当権設定職制、分課規程施行、各係員を任命
工事仮出金を船渠、修船台土地、建物に振替
1,196,975

1,200,000


4.0
  37
第15回

第16回
332

334
取締役大倉喜八郎、浅田正文辞任 大村励支配人辞任

山口武彦支配人に就任
大湊水雷団本社建物を利用   
1,200,000

1.200,000


  38
第17回
第18回
334
341
    新埋立地修船台新設許可   
1,200,000
1,200,000


 
表9-20 工事概況
年 次
浚渫
船渠
修船台
埋立
工場
その他
有形固定資産・ 工事仮出金
財産目録
合計額
明治29

弁天砲台周囲埋立
(年末) 千円
(年末)
千円
  30

入渠船引入口浚渫機材購入
船渠・ポンプ・諸工場配置図・工事仕様書・工事予算書完成    建物          18
機械器具        55
工事仮出金       52


1,226
  土砂積船4隻落成
  31
海岸浚渫許可
船渠前面758坪掘取る
船渠締切工事を会社直営で起工
同上大倉土木租に請負わす
浚渫の土砂を埋立に使用建物          22
本社機械器具      58
分工場機械器具     59
工事仮出金       87



1,230
  32
浚渫土砂数 2,629坪

同上    2,227坪
締切工事落成
被覆工事竣工
船渠掘さく工事を藤原正に請負わす
会社自営杭打工事開始

修船台用機械大倉組より購入
地盤に達するもの
     1,070坪
同上   3,428坪
建物          24
本社機械器具      60
分工場機械器具     61
工事仮出金    145



1,235
  33
浚渫土砂2,593坪

浚渫坪数2,317坪
船渠既定設計を変更
掘さく工事竣工
渠底基礎杭打工手開始
枕木堅桁取付地堅め工事了る
修船台用陸上汽材汽缶設置出願
500坪を残す外落成
海岸石垣場基礎竪め了る
材料倉庫建設建物          28
本社機械器具   132
分工場機械器具     62
工事仮出金    370



1,234
  34
修船台引入ロの浚渫終る渠底基礎混擬土工手及仰拱工事を千葉達平に請負わす
同上工事竣工
渠身の深さ1/2以上木柵とするに決議
修船台竣工
一部の開業式
護岸の一部を除き竣工

埋立地竣工部分を検査実測
修船台用工場
船員詰所落成
建物          32
修船台         60
機械器具     230
工事仮出金    488



1,307
  35
付属工場前海面浚渫許可
入渠船航路浮標許可
浚渫土砂  463坪
船渠平敷下コンクリート敷設、渠身ブロック据付工事竣工
船渠排水ポンプ据付許可
船渠工事大体落成
山背泊、寒川、上磯の海浜砂利採取許可地所          58
建物          32
修船台      143
機械器具     173
工事仮出金    890




1.455
  36
浚渫坪数  2,046坪入渠船用浮標設置許可
戸船を渠口に据付
ポンプ排水、戸船浮沈の試験終る
船渠竣工
仮の開業式
隣接地海面4,582坪埋立を出願
船渠側面護岸工事終る
寒川落石採取方出願
倶楽部、船員賄所、文庫、玄関、応接所、湯呑所、鍛冶場、製図室、船具場、銅工場、倉庫、製缶場、鋳物場、 木型場建築終る原動機室用陸上汽機、汽缶設置許可船渠      1,031
修船台      183
地所          77
建物       104
機械器具     190




1,980
  37
敷地200坪埋立製缶場、石炭置場、道具置場、技師詰所修築

年末工場従業員261名
2トン起重機据付船渠      1,037
修船台      184
地所          80
建物       107
機械器具     196
埋立工事費       41





1,930
  38
埋立工事落成3,823坪 (修船台用878坪)


年末工場従業員651名
船渠      1,037
修船台      184
地所       80
建物       110
機械器具     215
埋立工事費    114





1,993

各年『事業報告書』より作成
 
表9-21 営業概況
年次
分工場
入渠船
上架船
新造船
陸上工事
収入
支出
純益金
明治30
買収に決議
買収価格(107,081円)議決
山尾福三を分工場場長に任ず
拡張資金39千円決議
  4隻


4隻

小形船機関2台

蒸汽錨巻器1台



103,786



81,752



22,033
  31
職工雇人38名解雇66名/期末195名
職工雇入28名解雇45名/期末180名
  6隻
9隻
2隻舶用汽缶2個
小型船汽機1台
74,249
59,264
63,214
49,963
11,035
9,300
  32
職工雇入78名解雇81名/期末177名
職工雇入16名解雇24名/期末169名
  5隻
3隻
2隻 
59,883
46,434
45,806
37,932
14,077
8,502
  33
職工雇入71名解雇66名/期末174名


職工雇入40名解雇50名/期末164名
  6隻

8隻
1隻

3隻
陸上汽機1台
汽缶1個
硫黄釜1個
本社修船台工事
48,381

65,340
46,860

54,762
1,522

10,578
  34
職工雇入128名解雇74名/期末218名
分工場を廃止し本社に移転する迄、附属工場として営業
職工雇入78名解雇78名/期末218名
  20隻

22隻
(6,496トン)
  浚渫用グラブ2
砕石機2
81,298

77,121
62,385

64,336
18,913

12,785
  35
職工雇入113名解雇62名/期末269名

職工雇入91名解雇129名/期末231名
  27隻
(7,978トン)
21隻(5,372トン)
他に大湊水雷団工事
2隻本社船渠用汽缶
船渠戸船・排水ポンプ
組立/北海道鉄道部工事
96,779

78,022
81,612

74,918
15,168

3,104
  36
職工雇入130名解雇87名/期末274名

職工期末373名/附属工場を本社に合併し同所を社員詰所とす


7隻
(7,910トン)
26隻
(9,697トン)
23隻(16,294トン)
他に海軍艦艇工事
1隻北海道鉄道部社用品工事

橋桁・ポイントクロッシング・転車台・排雪器
104,890

155,636
94,967

125,643
9,922

29,993
  37
社員詰所は小型船の新造修理をなす11隻
(6,063トン)
7隻
(8,307トン)
29隻
(6,239トン)
25隻(4,471トン)
他に海軍艦艇工事
1隻同上陸上工車続行/船舶汽缶/陸用汽磯汽缶
病院暖房器/発動機
汽缶据付
129,366

75,190
144,463

122,748
△15,098

△47,558
  38
社員詰所廃止13隻
(11,486トン)
11隻
(23,368トン)
36隻(6,758トン)

26隻(7,874トン)
他に海軍艦艇工事
1隻

1隻(129トン)
同上工事続行
151,840

257,384
186,050

283,211
△34,210

△25,827

各年『事業報告書』より作成
 
項目中の数字の上段は上期、下段は下期である。収入、支出、純益金は円以下を四捨五入のため一致しないことがある。