函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ

第6章 内外貿易港としての成長と展開

第5節 商業機関の整備と米穀塩海産物取引所の成立

1 商業機関の整備

 まず最初に(1)に関わるものとしては、米価騰貴の原因に関する北海道庁の諮問に対する回答(明治23年6月)、日清貿易の習慣等に関する函館区役所の諮問に対する回答(同年7月)、日本郵船会社が明治25年より神戸・函館間の定期航路を小樽まで延長する件での函館区長の諮問に対する回答(明治24年12月、この点は、第7章第4節を参照のこと)、新任の財部北海道庁書記官并函館区長に対する函館地方の商況陳述(明治26年5月)、北海道庁農商課員からの同業組合問題に関わる諮問に対する回答(明治27年4月)、日本銀行函館支店開設の申請(同年6月)、などがある。