函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編2

第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ

第5章 近代港湾の生成と陸上交通の整備

第3節 倉庫業

6 倉庫業の発達と回漕店

 『北海道倉庫業』では、30年代の営業倉庫業について次のように述べている。まず「商港トシテ天然形勝ノ位置ニ占在スル本港ノ如キハ将来幾多倉庫、増設ヲ要スベキカハ炳トシテ明ナル所ナリトス、既ニ函樽間ノ鉄道モ近ク数年ノ後ニハ完成スルノ快挙ヲ眼前ニ控ユルアリ、尚且ツ露領トノ交通益々頻繁ヲ来サントスルニ於テヲヤ、聞クガ如クバ柳田藤吉ハ倉庫ノ必要ヲ感ジ弁天埋立地ニ尚六棟程ノ大倉庫ヲ建設スベキ計画ナリト云、本港ニ於ケル倉庫ノ記事ヲ了ルニ臨ミ、尚ホ一言ヲ要スルハ危険物蔵置ノ倉庫ナリトス、従来本港ハ危険物貯蔵ノ為メ安全ノ地ニ建設シタルモノナキヲ以テ貿易ノ進運ニ伴ヒ漸ク之ガ設置ノ必要ヲ感ズルニ至レリ、ソハ従来石油ノ如キハ専ラ横浜ヨリ供給ヲ仰ギタリシガ、近年ハ直接ニ海外ヨリ輸入スルノ数量増加シ本道及ビ東北地方ニ於ケル供給地トシテ将来之ガ中心点タラントスル傾向ヲ呈シタレバナリ、故ニ是等倉庫ノ設置ニ就キテハ今ヨリ安全ノ地ヲ選定シ他日ノ須要ニ備フルハ目下ノ急務ト信ズ」と石油のような危険物倉庫特設の必要性を警告し、また「輸入品ニ於テ然ルノミナラズ本道産貨物ニ於テモ出荷ノ盛時ニ会スレバ屡々倉庫ノ払底トナリ為メニ産地積取ヲ見合セ或ハ船積ノ儘他府県ニ直航セシムルコト往々ナリト云フ、之ニ依テ是ヲ観レバ、倉庫ノ設備未ダ充足セザルハ本港商業上一大缺点タルヲ疑ハザルナリ」と鋭く倉庫の設備不足を指摘している。