函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世

第5章 箱館開港

第9節 海面埋立と溝渠新設

 松川弁之助ら以下4筆の埋立地は、元治元年政府が外国人居留地の予定で上地を命じ、更に官費をもって若干の地積を埋立てて波止場を築いた。そして一方には産物会所用達杉浦嘉七山田寿兵衛外1名組合に換地を与えるため、鶴岡町の海面5,190余坪を埋築し、また山上町遊女屋営業者が築島の内に移転する計画で、松川弁之助ら組合埋立地の一部を購入したのに対し、その換地を与えるため、大工町地続き大森浜通り畑地約2万坪に、排水溝を掘削して石垣を設け、橋を架設した。