函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世

第3章 幕府直轄下の箱館

第2節 箱館奉行及び松前奉行

 この結果、松前藩には辺境を守る実力のないことが、いよいよ明白となったので、幕府は文化4年3月22日、松前章広から松前、西蝦夷地を上知させることに決し、蝦夷地全域を直轄支配するに至った。
 
                         松前若狭守
蝦夷地の儀は古来より其方家にて進退いたし来り候得共、異国へ接し、島々万端の手当整え難き様子に付、先達て東蝦夷地上地仰出され、公儀より御所置仰付けられ候。西蝦夷地の儀も非常の備えなど其方手限り行届き難き段申立、外国国境容易ならざる事に思召され候間、此度松前西蝦夷地一円召上げられ候。これに依り其方へは新規九千石下され候。場所の儀は追て相達すべく候。
       文化四卯年三月二十二日