函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 通説編1

通説編第1巻 第3編 古代・中世・近世

第1章 安東氏及び蠣崎氏

第4節 アイヌ蜂起と蠣崎氏の台頭

 それと同時にこのことによって、これまでみた和人の自由な蝦夷地侵略に歯止めをかけ、渡島半島知内川の以西天ノ川までの境域を、正式に和人地と定め、和人の領土として、アイヌ人側が最終的に承認したことを示すものであり、明確なかたちでの「和人地」の確立は、この時点に求めることができる(『日本北方史の論理』)。
 なお、騒乱時箱館に居住していた和人のうち、零細な住民が若干亀田にとどまり、アイヌと雑居していた者もあると伝えるが、しかし、箱館は近世の中期に入るまで長い間の不振が続いている。