札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第7巻 史料編2

[序]

一 漢字は、原則として常用漢字のあるものはこれを使用し、異体字・俗字などは正字に直した。ただし「札
 縨」の如く当時多用された固有名詞は生かした場合がある。
 
二 かなは、合字(〓、〓、〓、〓など)は普通仮名に改めたが、変体仮名のうち、而、者、江、茂・越、尓は
 そのままとし、小字で示した。
 
三 編者の付した注は〔    〕で表示した。
 
四 破損その他判読不能の箇所は□□、[   ]で示し、破損の場合は〔破れ〕と注記した。
 
五 朱書、上書、後筆などはその部分を「   」で囲み、〔朱書〕などと注記した。
 
六 印章・花押は〓、〓、〓で、写本の場合は 印 花押 で表わし、必要な場合はその姓などを〈  〉に
 入れて示した。
 
七 付箋などは当該箇所に*印を付し、文書末尾に*印を付してその内容を記した。付箋などが複数ある場合
 には*1 *2で示した。
 
八 場合によって割注を一行組に改めるなど、印刷上の都合により若干の体裁変更を行った。
 
九 掲載文書の末尾に、出典及び所蔵機関などの名を付した。この場合、左の機関については略称を用い、ま
 た北海道立文書館所蔵の「簿書」については、その登録番号を併せて記した。
   北海道立文書館→道文      北海道立図書館→道図  北海道開拓記念館→道開
   北海道大学附属図書館→北大図  市立函館図書館→函図  国立公文書館→国公文
 
一〇 この外に凡例を必要とする場合は、それぞれの解題中または当該文書の前に記した。