札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第5巻 通史5下

第十編 現代の札幌

第十章 現代の宗教

第一節 神社と寺院

四 教区事業と開教史・寺史の編纂

 北海道は昭和四十三年に「開道百年」を迎え、北海道での布教と教化を推進して「開教」に取り組んできた各宗派・教団も、これ以降順次、記念の年を迎え記念行事・事業を実施し、さらには開教史を編纂・刊行することになる。
 大谷派は従来より開教史の編纂を重視しているところであり、戦前には『北海道東本願寺由来』(明45)、『北海開教記要』(大4)などをまとめ、戦後も開教八〇年を記念して『東本願寺北海道開教史』(昭25)を刊行していた。そして一〇〇年を記念して四十九年に、『東本願寺北海道開教百年史』を出している。本書は詳密な資料で構成された開教史と寺院沿革誌からなり、八五〇頁に及ぶ大冊であった。後者は「開教状況」としての略述にとどまっているが、第四組に市内の二九寺が記述されている。
 曹洞宗では四十三年に各寺の沿革を記述した『北海道百年曹洞宗寺院誌』を刊行し、第一宗務所第八教区にあたる市内の中央寺大覚寺龍松寺ほか一八寺が収載されている。平成四年にも『修証義公布百年記念曹洞宗北海道寺院誌』が刊行されていた。
 真宗興正派でも五十三年に寺院沿革誌からなる『北海道教区史』が出され、札幌興正寺別院ほか市内六寺が記述され、日蓮宗も六十二年に『日蓮宗北海道大鑑』を刊行し、前半部分の寺院沿革誌では経王寺顕本寺日登寺ほか市内一五寺が掲載されている。
 開教史の年表作成も高野山真言宗と真言宗智山派でなされ、前者では『北海道開教史年表』(平4)、後者では『開教史年表』(平15)が刊行されている。後者の中からは四十九年十一月に北海道智山青年会の発足、五十年六月二十八日に智山寺庭婦人会の結成、五十五年八月二十四日に北海道教区寺庭婦人会の結成、五十九年に弘法大師千百五十年遠忌法要(会場興隆寺)、六十二年八月三十日に密厳教会遍照講北海道支部連合会の設立、六十三年十月四日に北海道三十六不動尊霊場会の設立など、同派の動向をうかがうことができる。
 本願寺派では五十九年より開教史編纂の事業に取り組み、一時、中絶をはさみながら現在も継続され、不定期ながら『開教史研究』(第三号より『教区史研究』と改題)を発刊している。