札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第5巻 通史5下

第十編 現代の札幌

第三章 総合的な街づくり

第三節 市内交通の整備と通信

四 郵便局の増設と通信事業の展開

 前時代に引き続き市街地が広がった。それにともない表6にあるように郵便局も増えていった。普通局は、昭和四十八年山鼻郵便局が普通局として開局、石山郵便局(昭49札幌郵便局)が普通局に昇格した。五十年には札幌郵便局が、五十四年に札幌白石郵便局が、平成九年に丘珠郵便局が普通局として開局した。その他札幌鉄道郵便局が昭和六十一年廃止された。四十七年度末には、普通局は篠路、厚別、手稲、札幌中央、札幌大通、豊平、琴似(現札幌西)、札幌東と札幌鉄道の九局、特定局は一二三局であった。平成十四年度末には、普通局は、札幌鉄道が廃止(昭61)、札幌北、札幌白石、札幌南(もと石山)、丘珠、山鼻が増えて一三局、特定局は二一八となっている。集配局は、札幌大通以外の普通局と特定局の藤野と定山渓の一四局となっている(佐々木秀司編 北海道郵便局の移り変わり 平10・10、統計書 昭50、55、平15)。
表-6 昭和47年4月以降の郵便局設置と異動
昭47篠路駅前団地(北区篠路6-5、簡易)。白石南郷四(白石区南郷通4北、平1南郷通3北へ移転、白石南郷北に改称)。札幌もみじ台北(白石区もみじ台北5)。札幌栄町(東区栄町)。札幌東(札幌北を改称、普通)
 48白石川北(白石区川北、簡易)。札幌西野南(西区手稲西野)。山鼻(中央区南14西15、普通、平12中央区南16西15へ移転)。石山(普通に改定、昭49札幌南に改称、平8真駒内泉町1へ移転)。札幌藤野(南区藤野、昭55南区簾舞へ移転、札幌簾舞に改称)
 49札幌白樺(豊平区東月寒)。手稲金山(西区手稲金山へ移転、手稲鉱山を改称)
 50札幌北(北区新琴似4-2、普通)。白石米里(白石区米里、簡易)。札幌西岡(豊平区西岡)。札幌北三十五条(東区北35東7へ移転、札幌北三十四条を改称)
 51札幌新琴似一条(北区新琴似1-10)。札幌もみじ台南(白石区もみじ台南6)。札幌清田南(豊平区清田)。手稲鉄北(西区前田、簡易)。札幌伏古(東区伏古6-4)。札幌みづほ(東区丘珠町)。札幌北二十八条(琴似新川を改称)。札幌新川(琴似新川西を改称、平7新川1-5へ移転、札幌新川一条に改称)。札幌平岸四条(札幌平岸六条を改称、平5豊平区平岸5-8へ移転、札幌平岸五条に改称)
 52札幌北二十九条西(北区北29西9)。札幌菊水元町(白石区菊水元町6-2)。札幌八軒五条(西区八軒5東4、平8札幌八軒東に改称)。平和(西区手稲平和、簡易)。札幌北三十四条(札幌北三十四条西を改称)。札幌菊水三条(東札幌駅前を改称)。白石栄通西(月寒駅前を改称)
 53札幌新琴似十一条(北区新琴似11-8)。札幌北野(豊平区北野)。札幌澄川南(南区澄川5-10)。札幌福住(豊平区福住2-6)。札幌南三十四条(南34西10へ移転、札幌藻岩下を改称)
 54札幌白石(白石区平和通7、普通)。札幌もみじ台西(白石区もみじ台西6)。札幌川沿(南区川沿2-3)。手稲山口(西区手稲山口、平8手稲曙東に改称)。札幌宮の沢西(西区手稲宮の沢)。札幌澄川(澄川を改称)。札幌東苗穂(東苗穂を改称)
 55札幌西岡二条(豊平区西岡2-3)。札幌菊水上町(菊水上町を改称)。札幌丘珠(丘珠を改称、平9東区北丘珠4-1へ移転、札幌モエレに改称)。藤野(南区藤野144へ移転、簾舞を改称)。札幌中の島(中の島を改称)
 56札幌澄川六条(南区澄川6-3)。札幌西野八条(西区西野8-8)。札幌平岸三条(木の花を改称)。札幌月寒中央通(月寒中央通を改称)
 57札幌麻生(北区北40-4)。札幌太平(北区太平8-5)。厚別西二条(白石区厚別西2-3)。手稲星置(西区星置、簡易)。札幌平岸六条(豊平区平岸6-13)。札幌北二十五条(東区北25東20)
 58白石北郷二条(白石区北郷2-12)。札幌北野六条(豊平区北野6-2)。札幌石山東(南区石山東5、簡易、平14南区石山東4へ移転)。札幌北三十八条(東区北38東16)。札幌栄町西(東区北41東1へ移転、札幌北四十条を改称)
 59札幌屯田四条(北区屯田4-7) 。手稲富丘(西区富丘2-4)。札幌北三条西(中央区北3西28) 。札幌新琴似(新琴似8-3へ移転、新琴似を改称)。札幌拓北(東篠路を改称)。北海道神宮前(中央区宮ヶ丘へ移転、宮の森を改称)
 60札幌新琴似五条(北区新琴似5-11)。厚別上野幌(白石区上野幌)。札幌伏古十一条(東区伏古11-3)。札幌福井(西区福井3)。札幌北五条中(中央区北5西6へ移転、札幌北八条を改称)
 61白石川下(白石区川下2-5)。札幌里塚(豊平区里塚)。琴似発寒西(西区発寒、平8手稲新発寒に改称)。手稲前田(西区前田6-16)。札幌北五十条(東区北50東10)。札幌北二条中(中央区北2西2)。札幌二十四軒(西区二十四軒1-1)。厚別ひばりが丘(厚別中央1-4へ移転、厚別旭町を改称)
 62札幌平岡(豊平区平岡6-2) 。厚別原始林通(白石区厚別東3-3)。札幌南二条(中央区南2西7)。札幌北一条中(中央区北1西7)。札幌新琴似八条(新琴似八条を改称)。札幌新琴似八条西(新琴似八条西を改称)
 63札幌北野通(豊平区北野3-2)。手稲稲積(西区前田3-7)。札幌北四十三条(東区北43東16)。永山記念公園前(中央区北2東7へ移転、札幌北三条東を改称)。札幌西野中(西区3-7へ移転、西野中を改称)
平 1北海道大学前(北区北17西4)。札幌あいの里(北区あいの里1-4)。白石本通北(白石区本通4)。白石南郷一(白石区南郷通1)。大谷地ニチイ内(白石区大谷地東3、平11大谷地サティ内と改称、平14大谷地東と改称)。札幌南沢(南区南沢5-3)。手稲星置駅前(手稲区星置1-3)。札幌パセオ(北区北6西2)。札幌合同庁舎内(北区北8西2)
  2札幌新川二条(北区新川2-7)。札幌丸井内(中央区南1西2)。札幌西(西区山の手5-1へ移転、琴似を改称、普通)
  3札幌デュオ(厚別区厚別中央2-5)。手稲稲穂二条(手稲区稲穂2-3)。北海道郵政局内(中央区北2西4)
  4札幌森林公園駅前(厚別区厚別北2-5)。札幌芸術の森(南区常盤3-1)。札幌東苗穂五条(東区東苗穗5-2)。札幌発寒駅前(西区発寒9-13)。札幌宮の森(中央区宮の森2-10)。札幌北三十一条(東区北31東8)
  5札幌屯田七条(北区屯田7-8)。札幌平岡公園(豊平区里塚)。札幌美しが丘(豊平区平岡)。札幌澄川駅前(南区澄川3-2)。サッポロファクトリー内(中央区北2東4)。札幌植物園前(中央区北1西7)。札幌八軒一条(西区八軒1西1)
  6札幌新川四条(北区新川4 -13)。札幌新琴似七条(北区新琴似7 -17)。札幌東苗穂十二条(東区東苗穗12- 2)。札幌北十八条(東区北18東1へ移転、札幌二十条を改称)
  7札幌平和一条(西区平和1-2)
  8札幌石山(南区石山1-3)。札幌川沿八条(札幌藻南を改称)。手稲曙通(手稲稲穂を改称)。札幌西町北(手稲東を改称)。札幌二十四軒南(琴似南を改称)。札幌山の手(西区山の手3-7へ移転、琴似山の手を改称)、札幌八軒(琴似八軒を改称)。札幌発寒五条(琴似発寒を改称)、札幌発寒十一条(琴似発寒北を改称)。札幌西町南(手稲宮の沢を改称、平12西区西町北19へ移転)。札幌南九条(札幌幌西を改称)
  9札幌羊ヶ丘通(清田区清田2-2)。札幌美しが丘南公園前(清田区美しが丘2-7)。丘珠(東区丘珠町90、普通)。札幌あいの里三条(北区あいの里3-3)
 10札幌桑園駅前(中央区北11西14)。札幌真栄(清田区真栄4-2)。札幌大通公園前(中央区大通西4)
 11札幌簡易保険事務センター内(中央区大通東2)。白石南郷十八郵便局(白石区栄通18)
 12平岡ジャスコ内(清田区3-5)
 13札幌屯田八条(北区屯田8-4)。札幌八軒西(西区八軒6西7)
 14札幌新琴似一条(北区新琴似1-10内移転)
 15白石北郷(白石区北郷4-3へ移転)。北海道庁赤れんが前(北海道郵政局内を改称)。札幌南十八条(廃止)。札幌緑ヶ丘(清田区里塚緑ヶ丘2へ移転、白石平和通を改称)
 16月寒(豊平区月寒中央通6へ移転)。札幌新琴似(北区新琴似7-5へ移転)
平成9年までは佐々木秀司編『北海道郵便局の移り変わり』(北海道出版企画センター、1998年10月刊)より、郵便局の新設、改称、移転を表とした。平成10年は官報から抽出。平成11年以降は日本郵政公社北海道支社から提供を受けた資料による。
住所は異動当時。郵便局の種類は、普通と簡易を明記し、他は特定を示し、臨時局は省略した。集配局と郵便番号の異動と一時閉鎖やその再開は省略した。また各年内は日付順ではない。

 郵便、郵便貯金、簡易保険の三事業が、将来の民営化を見据えて、十五年四月一日から、郵政公社となった(道新 平15・4・1、同夕)。