札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第5巻 通史5上

第九編 大都市への成長

第九章 市民の文化と活動

第一節 文学

四 詩

 昭和二十年代にはほかに二十六年五月創刊の『茴(うい)』(佐藤初夫伊東廉高橋秀郎、長井菊夫)、二十七年一月創刊の『樵人』(山田順三、水木泰)などであるが、二十九年一月創刊の『』は昭和二十年代の成果である。和田徹三の指導を受けた安田博、松岡寛斎藤邦男佐々木高見らが詩誌運営の実務を担当し、東京を中心とする既成詩壇への挑戦という意図のもとに、阿部保、河邨文一郎、木津川昭夫小柳透、菅原正雄、坂井一郎千葉宣一長光太八森虎太郎米谷祐司鷲巣繁男らが作品を発表し三十一年五月まで八号刊行。二十九年九月創刊の『季信』は入江好之奥保が中心となり季刊で四十年九月まで刊行した。詩と随筆の執筆者に更科源蔵支部沈黙木野工、下村保太郎などがいた。