札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第5巻 通史5上

第九編 大都市への成長

第九章 市民の文化と活動

第一節 文学

四 詩

 昭和二十二年五月には『ぼへみや』の後継誌のかたちで佐藤初夫高橋秀郎らにより『詩祭』が創刊された。六月には『日本未来派』が創刊された。主宰の池田克己は奈良県生まれで小野十三郎、岡本潤と交友をもち、八森虎太郎と再会した札幌で発行された。北海道から和田徹三小柳透坂井一郎伊東廉などが参加した。二十八年池田死去後は藤沢市に発行所を移した。七月創刊の『至上律』は札幌に疎開中の青磁社から刊行され更科源蔵青磁社の米岡来福が編集して二十四年二月の第七輯までを札幌で発行した。全国的な詩人の作品が大部分だが、北海道からは阿部みつ日塔聡加藤愛夫、河邨文一郎らが作品を載せた。日本の詩の源流をもう一度確かめようとする傾向を示した。

写真-6 『至上律