札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第5巻 通史5上

第九編 大都市への成長

第九章 市民の文化と活動

第一節 文学

二 短歌

 昭和五年創刊の「新墾」は、十九年二月に当局の指示によって歌誌統合による休刊を余儀なくされた。二十一年一月、小樽の小田観螢主宰のもとに復刊した。新墾発行所の札幌移転は二十八年八月で、これ以後委員制による発行となった。編集委員は村田豊雄宮崎芳男吉川たき子鍋山隆明山名康郎、中平一馬、後藤寿雄中田弘太田紅二伊藤静人らで、あとで宮田益子五十嵐木実が加わった。このうち山名、宮田、中田、五十嵐、吉川らは「凍土」短歌会を結成し委員を退任し、二十九年三月、『凍土』を創刊した。歌壇結社を重圧と感じ制約を離れた場所で創作していこうとする若手グループに呼応して円山絹子石井愛子矢島京子落合四郎本田錦一郎中城ふみ子松川愛子大久保興子宮田千恵飯田安子らが加わった。