札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第5巻 通史5上

第九編 大都市への成長

第四章 戦後改革と経済

第五節 農業

二 戦後復興期の農業

 モデル農園事業は『札幌市事務概況』では、「農業技術および農家生活の改良・普及・指導」という項目に含まれているが、この項目の中には、他に優良種苗採種圃と防虫害防除が含まれている。
 昭和二十七年(一九五二)、札幌市は初めて優良種苗採種圃を設置した。これは、三カ年計画で多収穫耐病の優良品種を導入して、それまでの不良種子の更新を行うためであり、入手した優良品種を農業改良相談所、または農業協同組合に委託して農家に栽培させ、その生産物を種子価格で配布することとした。最初の年は、札幌市農業改良相談所(大豆〇・一町)、白石農業改良相談所(水稲・大豆・小豆各〇・一町)、厚別農業協同組合(水稲・小麦各〇・一町)であった(昭27事務)が、その後は種類、面積ともに拡大し、この事業自体もずっと継続することになった。表26は、この事業の概要を示したものであるが、三十年に採種面積が一挙に拡大したのは、この年三月札幌村・篠路村・琴似町が札幌市に合併されたことにともなって、事業の範囲を拡大したためであった。
    表-26 優良種苗採種圃事業の推移(単位:町・ha)
水稲小麦裸麦燕麦大豆小豆菜豆豌豆馬鈴薯飼料花き
昭270.60.20.10.20.1
 281.60.70.20.40.10.10.1
 291.00.70.10.10.1
 309.32.23.50.21.00.20.22.0
 317.82.80.90.40.70.50.52.0
 327.82.80.90.40.70.50.52.0
 337.82.80.90.40.70.50.52.0
 349.31.63.03.20.90.6
 359.81.41.85.70.9
 3613.33.40.23.25.40.20.9
『札幌市事務概況』各年による。単位は,33年までは町,その後はhaである。

 また、当時の農家がもっていた手動式の防除機具では、農作物を蝕む病害虫を広範囲にわたって、同時に一斉防除することは不可能であった。そこで、札幌市では、昭和二十七年に動力撒粉機を購入し、これを農業協同組合など農業団体に無償貸与し、病害虫の一斉共同防除を実施させた(昭27事務)。続いて三十一年、農事組合などが動力撒粉機を購入する場合には、農協などを通じて札幌市が補助金を出すこととした。同年、札幌市・藻岩・北札幌・琴似・新琴似の各農協が合せて動力撒粉機三九台を購入した(昭31事務)。