札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第5巻 通史5上

第九編 大都市への成長

第一章 戦後札幌の市政と行政

第四節 国際交流と札幌オリンピック大会

五 第一一回大会の招致と開催決定

 大会は十三日の閉会式まで一一日間にわたって六競技、三五種目がなされ、三五カ国、一一二八人の選手、五二七人の役員、計一六五五人が参加していた。大会の報道関係者は内外合わせて三七一二人であり、その他IOC委員等の関係者は約二〇〇〇人であった。
 競技では二月六日の七〇メートルジャンプ競技で笠谷幸生、金野昭次、青地清二の三選手によって金、銀、銅のメダルが独占され、「日の丸飛行隊」の活躍に日本中が沸騰(ふっとう)し、フィギュア・スケート競技の女子シングルでも、華麗な演技と可憐な人柄のジャネット・リン選手が、市民から人気を博するなど、後まで印象深く話題の多い大会でもあった。
 大会の入場券の売り上げは六四万二一八五枚、金額六億六〇三一万円、観客動員数は無料分も合わせ六五万四三七〇人というように、大会史上これまで最高の数値であった。大会中の宿泊客数も、延べ二〇万人と見積もられている。
 組織委員会では大会中、三九二人の職員体制をしき、派遣職員、臨時職員、通訳、競技役員などを含めた大会従事者は一万六三七三人に及んでいた。陸上自衛隊オリンピック支援集団も競技場の整備、輸送、通信に三六四一人、延べ一八万七〇〇〇人を動員していた。北海道警察本部では会場警備、交通整理などに約七〇〇〇人を配置し、関係の組織・官公署庁での動員も膨大なものであった。
 開閉会式、関係行事などへの児童・生徒や市民の参加・協力、オリンピック協力会の活動などは、『第一一回オリンピック冬季大会札幌市報告書』に詳しいが、大会中は多数の市民も、大会の成功と世界との友好を願って協力し、競技場にて選手に声援を送っていたのである。
 こうして市内が熱気に包まれていたオリンピックも、二月十三日の閉会式で静かに幕を引き、三五カ国の選手が集ったオリンピック村も、十七日の閉村式をもって閉じられた。

写真-14 真駒内団地となった旧オリンピック村