札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第4巻 通史4

第八編 転換期の札幌

第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制

第四節 文化の諸相

三 出版・マスコミ

(一)出版、印刷

 出版界の興隆の影には、印刷技術の発達があった。特に地の利を得ている札幌は「新しい技術や自家用の自動鋳造機を入れたりして、地方町村の郷土史などをはじめ、相当に手広く全道を手におさめてたくましい活躍」をしていた(北海道印刷のあゆみ)。開道五十年記念北海道博覧会や国産振興博覧会を契機に、郷土史の刊行が増加したことは前述した。印刷技術の発達は地元での印刷を可能にしたが、『北見郷土史話』(網走発行)、『釧路郷土史考』(釧路発行)等は札幌で印刷が行われている(北海道出版小史)。また、郷土史の他に記念絵葉書や写真帳の刊行も増加した。印刷業者は写真印刷や色刷り印刷の必要に迫られ、色刷輪転機など新しい印刷機械を導入していった。
 工場数自体にはあまり変化は見られないが(表13)、新機械の導入による技術の向上、製本業者の増加(市史第三巻では二社)など、出版社の出現と相俟って出版界は確実に興隆していった。しかし、戦時下のあらゆる統制は印刷業界にも及んだ。昭和十六年十一月、日本印刷文化協会北海道支部が設立した。これはその後、十九年の企業整備により解散し、新たに北海道印刷業統制組合が生まれた。
表-13 戦前期の印刷・製本・製紙工場
名称所在地創立年
北海石版所
陽明堂印刷所
野澤活版所
山藤印刷株式会社
北海タイムス社工場
赤心堂高橋印刷所
文栄堂印刷所
大畑印刷製本工場
小林製本所
三田印刷所
黒田活版製造所
西村印刷所
札幌製本所
中西写真製版印刷所
岡本博文舍
札幌印刷株式会社
山浦印刷所
深宮活字製造所
寺西印刷工場
藤井製紙場
藤田製本所
上野活版製造所
紺谷印刷所
其水堂印刷所
松田製本所
石川製本所
岩橋印刷所
福原印刷所
文昭堂印刷所
須田印刷所
札幌毎日新聞社工場
開林堂製本所
北海新報社工場
辻印刷札幌工場
昭和製本所
上方屋印刷所
昭文堂製本所
博光社印刷工場
北2西3
南1西1
北1西1
南2西6
大通西3
南2西2
北1西3
大通西3
南1西5
北3西1
北3西2
南1西4
北1西2
大通西5
南2西8
北1西2
北1西3
大通西8
南2西4
大通東8
南2西2
南2西5
南2西5
南2西5
大通西2
南1西5
大通西9
南1西9
北1西6
北2東1
南8西4
北7西5
南2西6
南2西7
北1西2
北2東2
南1西6
大通西6
明26年2月
明26.5
明29.4
明29.9
明34.8
明37.1
明38.4
明40.7
明42.5
明43.3
明43.7
明43. 12
明45.5
大元.6
大 5 .5
大 5 .5
大 5 .9
大 7 .8
大 7 . 11
大 7 . 12
大 8 .1
大 9 .2
大10.1
大10.5
大10.7
大11.3
大11. 12
大12.3
大13. 10
大13. 12
大14.2
大15. 12
昭 2 .2
昭 2 .8
昭 3 .5
昭 3 .9
昭 3 . 10
昭 3 . 11
札幌商工人名録』(昭8)より作成。