札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第4巻 通史4

第八編 転換期の札幌

第九章 大衆文化・モダニズム・文化統制

第三節 美術

 道展は、洋画が日本画よりも隆盛であった。昭和三年に結成された蒼玄社には、菅原翠洲、谷口香厳らが創立時の会員におり、本間莞彩も洋画から日本画へと転向する。
 道展の日本画部の、白青山(昭1)、岡崎南田(昭7)、菅原翠洲らは死去し、平沼深雪、岩田華谷は他県へ移住し、誰もいなくなる。そうしたなか昭和十一年十一月、道展日本画部の若手の会員会友により、素月社が結成される。同人は岩田華谷、炭光任、成田太古、本間莞彩、堀井聖峰、高木黄史、小山浩子、坂本利代、川井霊祥。はじめて札幌における日本画の団体であった。素月社は十五年まで五回展覧会を行った。
 そして十三年二月、日本画公募展も開く九潮会が結成され、十六年以降、素月社九潮会へと解消されてゆく(北海道美術史、札幌の絵画、本間莞彩)。