札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第4巻 通史4

第八編 転換期の札幌

第三章 都市計画と社会資本整備

第二節 社会資本の整備

五 公園その他の施設の整備

 昭和期にはいると『札幌市事務報告』に、公園整備の様子が報告されている。毎年行われているのは経常費の公園修繕費にあたる事業で、公園道路の修繕、花壇の設営や手入れ、芝生の補修、樹木の補植等である。公園設営に関して、予算書を合わせ見ていくと、主なものは以下の通りである。昭和三年は円山公園設営で、間伐七〇〇本伐開。四年は円山と大通の公園設営を行った。伐開四五〇〇坪、歩道開設六九〇間などである。八年度に清華亭の保存工事費が予算に計上された(九年度まで)。九年には、中島公園内で旧招魂社跡の改修工事が行われた。また清華亭の保存のために建物内部の補修や庭園の設営等が行われた。十年、中島公園の設営、山鼻公園の設営、清華亭の保存工事が行われた。十三年になると公園墓地の新設工事を起債により、九月三十日から直営で起工した。十四年、その公園墓地新設工事は、時局の影響により資材と労賃の暴騰のため一部計画を変更した。おおむね工事は終了したが、建築工事は新設予定の火葬場との配置関係が未定のため延期された。この公園墓地工事は、他の公園関係事業とともに十五年からは都市計画係の担当になった(札幌市事務報告)。